2007年7月28日土曜日

10数年ぶりにオーディオ熱上昇中?

スキーネタは今回はおやすみです。

先週久しぶりに(半年ぶり)にLPが聞きたくなり、プレーヤーの埃を落とし、
針をレコード盤に乗せてみると・・・
アームがすうっと内側にスライドしていくではありませんか。
初めての現象に何が起きているのか理解できず、もう一度そっと針を置いてみるが、
やっぱりすうっと流れていく。

針先にごみがこびり付いて溝をトレースできないのかな? と思い、
カートリッジを取り外し針先をじっと見てみる。
いかん!!ぼやけて見えない。 視力が落ちている・・・
なんてことは今に始まったことじゃない。 今は針先が大事。

見ても分からないので、そっと指先でダイヤモンドの部分をなぞってみる。
な、なんと、ほとんど抵抗なし。ダイヤモンドが欠けてしまったらしい。


写真の黄色いカートリッジが今回ダメになってしまった方のLINNのK1。
販促用らしく普通には売っていない。
20年前(既にカートリッジの寿命はまっとうしている)に仙台で1万円で購入。
隣のグレーは同じくLINN K9。これも仙台で4万円くらいで購入したもの。
もうかれこれ10年前にはるか赤ちゃんによってカンチレバー剥奪済み。

というわけでネット経由で新しいカートリッジを物色し、大阪の逸品館から
GOLDRING 1012GXを購入することに決定。
http://www.mmjp.or.jp/ippinkan/index.html

逸品館によると
「針先の交換で、簡単にグレードアップできる使い勝手のよいMMカートリッジ。
ナチュラルでバランスがよく、MMを忘れさせる繊細な音質です。
名ばかりで、音のよくないS社の製品と比べれば、その違いに愕然とするはずです。
レコードをより良い音で楽しみたいとお考えなら、良質なカートリッジへの買い換えを
真っ先にお考え頂くのが得策です。 MCカートリッジとしては、価格は安いけれど、
こいつは結構「本物」です。量産品ならではの「安さ」。
量産品ならではの「コストパフォーマンス」。ハッキリした音質は、手持ちの
レコードに刻まれた音楽をクッキリと再現します。
定価 \ 32,000 販売価格 \ 24,000」

日曜夜に発注、水曜夜に入金、そして金曜夜に現物到着。

感想は、特に音域がワイドだとか、情報量が多いとかというわけではないが、
中域がしっかりしていて密度感があり明確で温かい音色。和みます。
音の抜けがもう少し欲しい気がするけど、コストパフォーマンスはかなり良いと思います。

で、今度はCDプレーヤーを物色中。
今使っているAudioDynamicsはトレイの開閉が時々できなくなるのと、CDによっては
フォーカスが合わず再生不能になることが良く起こるようになってきました。
19800円のくせしてよく20年間がんばってきてくれましたが、そろそろね・・・。
CECのCD3300Rにしようかなあと検討中です。

2007年7月21日土曜日

今シーズンを振り返って(2007/2/24 野辺山)

今回は都下スキー大会にはじめて出場。
出場チームは岸井さんとこに尚人さんと2人で加えてもらいました。
我々は土曜日のGS(2本)のみの日帰り。
SL(日曜日開催)はまったく練習していないし、プロテクターもないので出場しませんでした。

コースは市民大会でお馴染みのレッドコース。
いざ自分が滑るとなると、ちょっとしたうねりも気になってしまう。

私は男子第2部にクラス分けされました。
2部の人数は14、5名位だったと思います。

まず1本目。
出だしの少し急な部分は慎重になりすぎスピード出ず。
中盤から飛ばした(つもり)が、膨らみすぎてこれまたタイムを落とす。
ゴールしてみるとタイムは・・・忘れてしまいました。
ただし2部の中では6位でした。真ん中くらいだね。

午後の2本目。
ターンの入りが遅れないように早め早めを意識。
1本目のように膨らむことはなかったが、あまり板の滑りが出せず。
タイムは1本目とほぼ同等。
2本あわせて確か6位でした。一応入賞。

これまでなら4月の野沢が最初で最後のポールなのですが、
今回はハイシーズンに、ハードなバーンで滑れたのが収穫でした。
結果はともかく、レースは楽しいです。
カンダハーコースは手に負えないけど、レッドコースなら練習すれば
それなりに滑れそうな気がするし。

この大会出場のお陰で野沢の成績がアップするかどうかはお楽しみ。

今シーズンを振り返って(2007/2/17-18 かたしな、岩鞍)

SAF行事「2月合宿@かたしな&岩鞍」に、今年は娘2人を連れて参加しました。
娘たちに初めてのバッヂテストを受けさせ、緊張感を味わってもらい、度胸もつけてもらうため。
受験者は本当なら金曜日から山に入って講習会を受けさせることになっているのですが、
学校を休ませるのもなんなので免除してもらい、土曜朝から講習に合流させました。

去年はSAFバッヂテストの受講者はゼロでしたが、今回は大盛況。
1級受験が2名、2級受験が3名、3級受験が2名、合計7名。
うちの娘たちは、2級(はる)と3級(りり)を受験します。

かたしな高原での講習開始です。
右側に並んでいる7名が受験者の皆さん。緊張気味でしょうか?


講習は級別にそれぞれ進行。
昼食をとって、午後一で検定開始です。
ゼッケン3番(はる)と8番(りり)をもらいまいた。
ちなみに私は”前走”と書かれたゼッケンをもらいました。
1級の前走をやれとの指示です。う~ん、どうやって滑ればいいのだろう?悩みます。

3級は講習内検定ですが、度胸試しを兼ねて前走もちょっとやらせてもらいました。(左)
右は2級のフリーの検定中です。
いつもは五月蝿い彼女らも、この時ばかりは無口でした。

video
video

結果はともかく、とりあえず検定は終了。
恒例のシャンパンでかんぱ~い。


さてその夜、宿(丸十)で結果発表。
発表時のBefore、そしてAfter


結果は・・・この笑顔の通りです。


緊張して疲れたんでしょう、ぐっすりです。おやすみなさい。


2日目は場所を岩鞍に移しいくつかの班に別れて自由滑走。
2人には昨日の緊張した様子は既になく、楽しそうに元気に滑っていました。
西山、チャンピン、リーゼンを中心に滑りました。(私は相変わらず膝イタタ)


2人とも合格できて良かったです。
でも次のステップに上がるのは大変だよ、がんばれよ!!
それから、SAFスタッフのみなさん、あたたかいご支援ありがとうございました。

2007年7月19日木曜日

今シーズンを振り返って(2007/2/11 富士見パノラマ)

何年振りだろう?8年振り?
富士見パノラマにやってきました。

この前は平井さんとみのりちゃんと遥との4人で来て、
うしろから子供のそりに轢かれて腰を痛めてしまったのは・・・私です。
当時はゲレ食のラーメンも超不味く、リフト係りの態度も良くなく、
絶対にもう来たくないスキー場No.1だったのだが、近さと、
最近は石井俊一などのがんばりで改善されているだろうという期待のもと、
久しぶりの富士見P来場となった。

今回の目的は初のバッヂテストを控えた遥のための特訓である。
といいながら朝は7時くらいにのんびり出発して11時から滑り始めるという気合の無さ。
駐車場は確か第15駐車場(何と2桁です!!)に止めさせられ、
シャトルバスでゲレンデ前まで移動となった。
近くてチェーン不要、かつ2月の連休なのですごい混み様です。

リフト/ゴンドラも15分待ち、ゲレンデも小回り以外はできないという最低の状況。
雪質はさらさらだが、人工降雪特有のとらえどころの無いグリップしない大嫌いなパターン。
午後になるにつれアイスバーンの上に大量の粉砂糖が蓄積し、滑りづらさは日本一です。
そんな状態なので遥の特訓も満足にはできなかった。
無料のポールバーンもあると聞いていたので楽しみにしていたが、ボード用の旗門でかつ短い。
やっぱりちゃんとした所に行かないとだめだね。
唯一コブのコースはまあまあ楽しめました。

ちなみに石井俊一、レッスンしていました。

ところで以前は最悪だった食堂は、味は何とか並程度にはなっていました。
でも混んでいて席の確保に20分くらい掛かってしまった。
やっぱり富士見Pはちょっとね・・・。平日ならいいのかもしれないけど。

2007年7月16日月曜日

今シーズンを振り返って(2007/2/4 アサマ2000)

先週でSAT技術選が終わり(始まる前から内容的には終わっているのだが)、
今回は遥のお友達ミチカちゃんを連れての家族サービスを目的としたスキー。
その他の同行者は、すなおと尚人さん。
家族サービスと言いながら実はアサマ2000でポール練習しようというのが裏テーマ。

この日は低気圧が去ったあとの快晴だったのだが、低気圧が発達しすぎて風が強い。
おまけにアサマの上り坂は真っ白パウダーで、タイヤが噛まない(涙)。
多分止まったらそのままサヨナラ、バックオーライになるのだが、何とか登り切る。
1名乗車のA3は軽くいのに加え、さらに電子制御が邪魔をしている様子。

チケットインフォメーションで1日券1000円+ポールバーン使用料1000円を払う。
子供たちはスキー子供の日なので無料。安い!!

さあっ、滑るぞ!!と気合は入っていたのだが、今日はとっても寒い。
おまけに風が強く、リフトはのろのろ運転、時々停止。
時間が経つにつれ、その停止の頻度が徐々に高くなる。やばいね。

奥のゲレンデからの風景。こんなに天気がいいのに実は風は強いし、とても寒い。



ポールバーンは山に向かって左から3つ目のコースの端っこ。
斜度は緩いが、うねりがあり、ところどころアイスバーン。
午前中5、6本くらいは滑ったが一度もまともに滑れなかった。情けない。

遥にこっそり滑らせるが、怖がってダメダメ。

昼前には強風のためポールバーン閉鎖。ありゃりゃ。
午後は子供たちと一緒に滑ったりして終了。

とにかく寒くて、滑って気もしなくて、不完全燃焼でした。


山を下る時に運転しながら車窓から撮った一枚。
向こうに見える山は八ヶ岳の辺りのはず。
こんなにキレイな青空なのにねぇ~。

帰りは峠の湯でホット一息。
ここのカツどん結構いけます。

2007年7月14日土曜日

今シーズンを振り返って(2007/1/26-28 車山)

2002年、2006年、そして今年の2007年、通算三回目の東京都技術選。
SAFの勇者4名で前日の26日(金)朝から車山に入り直前の練習開始。
プラス今年は直生を連れてきました。

練習は主に車山独特の急斜面に慣れ、度胸をつけること。
でも実際には「やっぱりダメだ~」っと実力の無さを思い知るだけなのだが・・・。
予選種目は、スポーツマンで小回り、ビーナスで大回りと総合滑降、
スラロームでいわゆるカービング小回りとなっている。
これを土日の2日間にわたって競うことになる。
予選で上位1/4くらいに入れば月曜日の決勝に進めるが、我々には関係なし。

練習してみて・・・やっぱりだめだこりゃ。
我々が泊めてもらうお宿は、白樺高原国際スキー場そばのユースホステル。
2泊4食で1万円ほどとお得。ただし部屋は狭く、2段ベッドが2つと2人掛けが
やっとのソファーと洗面台。まあノープロブレムです。

さて大会なのですが、あっという間に終わりました。


結果はご覧の通り。
急斜面大回り 232点(207位)
急斜面小回り 227点(249位)
総合滑降 237点(108位)
中斜面小回り 235点(147位)
合計 931点(177位)

2002年が323位、去年が230位だったので徐々に上向きであることは喜ばしいけど、
撮影してもらった動画や写真はどれも惨めなものばかりでした。
来年はどうすっぺ。出てもいいけど作戦すら思いつかないよ。



大会1日目はSAF女性陣3名の応援団が駆けつけてくれました。

わざわざありがとう。それとショッパイ滑りでごめん。
帰り際に直生も入れて記念撮影。ではまた来年!!

今シーズンを振り返って(2007/1/20-21 野辺山)

毎年恒例の府中市市民大会の役員として参加してきました。


前日19日の夜にマイカーで府中の市民球場まで行き、そこから貸し切りバスに乗り換え。
差し入れのビールやおつまみを頂きながら野辺山まで2時間強のバスの旅。楽チン。
須玉ICで降り野辺山まで一気に登る。途中にある温度掲示板が何度を示しているか気になる。
いつもなら-15度前後になってるのに、今回は・・・-7度でした。
やっぱり今年は暖冬なんだなぁとあらためて実感。(でも十分寒いんだけど)

宿はいつもの帝産ロッジ。
私の寝泊りする部屋は今年も飲み部屋。
1時か2時くらいまでミーティング&飲み会をして就寝。

1日目はSLを2本、2日目はGSが1本。
前走には岡田利修が参加。
見ごたえありましたよ。
あんな風に滑れたら気持ちいいだろうなぁ・・・。

今回は旗門員ではなく記録用紙の回収係り。
30分くらいに1本滑れるのでお得な係り。
1日目の競技が終わった後(2時頃)は4時くらいまでフリー滑走の許可が下りました。
主にオレンジコースと未だ行った事のなかったブルーコースを10本くらい滑りました。
ときわスポーツさんが早くも来シーズンモデルの試乗板を持ってきてくれていたので試乗もしました。
お気に入りはElan SLXとSalomon 2Vの2機種。
SalomonはプレートがPilotではなくなっていました。
谷周りでのトップの捉えがしっかりかつ自然で安心して身を任せられる1台です。
Elanは今まで通り、素直な板でこれもGood。

ちなみにスーパーレッドはまだ滑走不可でした。
去年もCloseしていたので、しばらくご無沙汰です。

とにもかくにも、交通費無料、宿泊費無料、リフト無料、食費無料、おまけに日当までもらえて、
多少ではあるがスキーができて、さらには競技観戦を堪能できる市民大会サポート、美味しすぎます。

2007年7月8日日曜日

今シーズンを振り返って(2007/1/13 シャトレーゼ)

正月休みを終え、膝の痛みが気になったので近所の接骨院で見てもらう。
もともと5,6年前に靭帯伸ばした膝なので、負荷がかかって腫れているとのこと。
要は、年で筋力が落ち、正月食いまくって地球を引き寄せる重力が増し、
そんな状況にもかかわらず毎日滑りまくったから、それだけ。
正月明けの最初の週末はおとなしく休養することにしました。

さて1月2週目、すなおの友達2人を連れてスキーに行くことになった。
2人ともスキーは初めて。
できるだけ近場で緩斜面の多いスキー場がいいのでシャトレーゼ(旧八ヶ岳ザイラーバレー)に決定。
私はここ初めて。

こじんまりしているけど施設はキレイ。
スキー客は大半が首都圏のファミリーっぽい。
スキー板とかウエア見ていると10年前にタイムスリップしたような感じ。


2人は初スキーで、すなおは初スノボ。
午前中はちびっこゲレンデ横で歩く練習と、プルークの練習。
2時間くらい練習のあと、昼前にいざリフトへ。
乗るのはなんとか大丈夫、でも降りる時にはやっぱり転んじゃいました。

むむ、出だしだけはちょっと急です。ほんの10mくらいだけど。
やっぱり転んで、お尻でざざぁーっと滑落して行きました。
その難関を過ぎたらあとは緩斜面。


はじめはヨタヨタでしたが、緩斜面ならもう平気。
その時の一言「なぁーんだ、スキーって簡単ジャン」だと。
ふーっ、午前中はあんなに大変だったのに・・・わしゃ疲れたよ。
でもスキー好きになってくれたみたいで良かったよ。子供って上達早いね。


ところで、食堂には無料アイスキャンディーがあり、食べ放題。さすがシャトレーゼ。
でもケーキは1000円のバイキングのみ。なぜか単品販売なし。1個か2個だけでいいんだけど・・・。

それからあいま見て急斜面に一人で行ってみるが、やっぱり痛いし、膝が抜けそうで怖い。
まだまだって感じです。

今シーズンを振り返って(2007/1/5 安比)

天間林から宮古に行く途中に安比に寄りました。
ただ私は膝が痛くて滑ることをあきらめ、食堂で寝たり読書してました。
もう気分は最悪でした。

ママと子供たちは元気にあっちこち滑っていたようです。
なので今回は一切写真なしです。

・・・

なんて言いながら、滑らないつもりでしたが、ナイターにちょこっと滑ってみました。
ニセコの時ほど痛みはなかったけど、やっぱり違和感あり。
フラットなバーンだと大丈夫だけど、少し荒れた斜面だと膝が悲鳴をあげそうで怖い。
今後どうなるんでしょう。

今シーズンを振り返って(22007/1/2 ニセコ全山)

元旦はスキーはせずにのんびり。2日からスキー再開。
日中はりりだけ佐竹家に残り、4人でヒラフ~東山~アンヌプリを横断しました。
でも私は膝の痛みが本格化、まともに滑れませんでした。

頂上からヒラフ側の麓をバックにパチリ。
昼は再びアンヌプリの日航ホテルでバイキング。
麻婆丼、パスタ、カツカレー、サラダ、フルコースです。


飛びます飛びます!!絶好調!!

夕方からはりりも合流。
ヒラフ麓にあった遊具で三人とも楽しそう。
夕ご飯はカップラーメン。持ってきたお湯が足りず、麦茶も少し足して食べる。


・・・これで今回の北海道スキーはおしまいです。
佐竹のおじさん、おばさん、ぽち、たもくつん家族のみなさん、お世話になりました。



ニセコ~函館~フェリー~青森~天間林~宮古。

今シーズンを振り返って(2006/12/31 アンヌプリの松明滑走)

ヒラフでナイターを終え、一旦佐竹家へ戻り、食事を頂いた後再びニセコアンヌプリへ向かう。
大晦日の夜の松明滑走&カウントダウンである。
11時頃アンヌプリに到着。松明を持たせてもらえるのは先着30名くらい。
ぎりぎり家族4人分の松明をゲット。(私はカメラマンなので不要)
松明を持ってリフトで登り、アンヌプリの最下部の中急斜面の手前で待機。
そこで火を点けてもらい準備完了。
カメラマンの私は下に滑り降りる。(やっぱり膝が痛い)
11時50分くらいに照明が消え、いよいよ滑走開始。
山麓にはアンヌプリホテルの泊り客であろう人たちが大勢集まっている。
下からは松明の灯りの”点”しか見えないけれど、
なんでだか我が家族の松明はどれだか分かってしまう。
特にママの松明の動きは特徴的(^^

5分くらいかけてみんな滑り降り、やぐらに松明を放り込む。キャンプファイヤー!!
12時ちょっと前、カウントダウンが始まる。
「5,4,3,2,1,Happy New Year!!」
花火も上がり盛り上がりました。


2007年、どんな年になるのでしょうか。

2007年7月3日火曜日

今シーズンを振り返って(2006/12/31 ひらふ)

昨晩からニセコは佐竹家にお邪魔しています。
我々一家5人を数日に渡り泊めていただき、とっても感謝です。
部屋はポカポカで、食事はたくさん&美味しくて、
本当なら1年中ずーっと泊り込みさせて欲しいくらい居心地がいいです。
(佐竹家の庭にて)

さて今日は子供3人とヒラフに行ってきました。
前回(3、4年前)には行くことができなかった花園エリアにまず足を運びます。
中腹は緩斜面ですが、上下には適度なバーンがあります。
(花園エリアの麓から)

本当なら楽しいはずなんですが、とにかく寒い。風雪模様。
花園山麓で休憩しようにも、粗末なプレハブ小屋は人で一杯。
噂には聞いていましたが豪州人が半数くらい。
見渡せばコース外の林の中にも豪州人が一杯です。みんなタフだね。

花園を堪能したあとは、ヒラフのセンター(?)とかアルペンをひたすら滑る。
ナイターももちろんこなす。

(左:リフトで、右:温度計)


(コース名失念、アルペン側に降りていくコース)


(左:アルペン上部、右:高原の林間コース)

ヒラフはナイターがきれい。滑走可能なコースもたくさんあり飽きません。

(高原の林間コースの上から)

でも、あれ?膝痛めたかな?アルペンのコブ滑っていたら痛くなってきました。

さすがに北海道に着てから4滑走日目。老体にはそろそろ限界が見え始めてきました。
このあと佐竹家に戻ってから、深夜の松明滑走に出かけなきゃいけないというのに・・・。