2008年12月13日土曜日

2008年12月7日 ASAMA2000

Yetiでの怪我から4週間。
研修会に参加できそうか回復状況を確認するためにASAMAにやってきた。

まず毎年恒例の指導員登録を済ませる。
今年からは生徒なしだと1日券は2000円。

普通のシューズでは分からなかったが、そこが硬いブーツでは
地面の凹凸や傾きがダイレクトに膝に響いてくる。
板を付けての移動でもスケーティングに力が入らない。
まだまだなんだということを思い知らされる。

ASAMAは2日前に雪が降り、景色はご覧の通り最高。


ステージ1(初心者コース)でプルークしたときの膝への負担を確かめる。
そして徐々にプルークターン、パラレルへとステップアップ。

以下は左右軸の回転を伴った踵押出しを試している場面。
フラットな緩斜面なら膝はそれほど痛くはならなかったが、
十分には身体が動かせてないことがわかる。



このあとステージ3(中級コース)でも試してみたが、小回りした時の横方向の抵抗で
膝が悲鳴をあげ、大回りした時のバーン凹凸による振動で膝が悲鳴をあげた。
初心者コース以外には行けない・・・。

今日は終始快晴で、帰りには夕焼け+佐久の夜景にうっとり。
膝の調子はまだまだということが分かりちょっとショックだったが、
久々の山は最高。

2008年11月9日 Yeti


情けない。
転んで膝捻った。
昔に靭帯伸ばした方の膝。
これでしばらくはスキーできない。
12月研修会に間に合うのか・・・。

家を14時に出て、ナイター開始の17時にはスタンバイOK。
平らに整備されたバーンを気持ちよく滑っていたのに、
18時半頃か、ボーダーにぶつかり(そんなに激しくはなかったはず)、
斜面下方向に倒れる際に捻ったようだ。

膝からグギッと音がしたのは憶えているが、前後の10秒くらいが記憶なし。
相手は怪我なしの様子だったのでそれが救い。
本当にごめんなさい。

まだ怪我する前の滑り。
いい気なもんだね。