2009年11月29日日曜日

2009年11月28~29日  BISAファーストキャンプ@丸沼

4時に家を出て8時に順調に丸沼に着いたのだが、
既に下の駐車場は一杯で、奥の駐車場へ。

ゲレンデも中央のリフトはおそらく20分待ち。
バスもピストン輸送で大忙し。
みんな気合入ってます。

BISAファーストキャンプは奥のコバルトコースを使用。
初めは横滑りの確認。
上体は正対させ、山側の脚を伸ばすようにして、
山側の脚の立方骨の辺り(外くるぶしの下)で立つようにして横滑り。
これは内脚による制動(エンジンブレーキ)だという。
これに対して外脚はフットブレーキ。
いきなり?????から始まった。
これが今年の教程のベースになっているとのこと。

その後は、内脚の腿をターン方向に運びながらターン始動させる動きや、
股関節を緩めることでターンを始動する動きなどを確認。
もう頭の中が滅茶苦茶。
初日の夜のミーティングではDVDを見たり、
話を聞いたりしたが、さらに頭は滅茶苦茶。

2日目は、内脚は大切だが、それは外脚があっての内脚であるとの
考えから、内脚でのリードは切り替え局面の一瞬であり、
外脚で雪面を捉え動かしていく動作を確認。

…多分この文章を後で見返しても何を言おうとしているか
さっぱりわからないだろうなと悟った。
今回のBISAで分かったことやヒントを列挙して、今回の作文は終了することにする。

・自分の癖色々
 - 切り替えの直前でチェックを入れてしまう。スムーズに切り替えできていない。
 - 荷重を前後に移動させるための大腿部の上下動が外から見えない。
   切り替え時に大腿部を起こし脚を伸ばすようにするといい。
   伸ばす方向は上ではなく、次のターン方向、つまり谷側。
 - 切り替えタイミングが遅い。
   いわゆるターン後半に引っ張りすぎ。

・エッジで雪面をがっちり捉え過ぎない方がいい。
 高速であるほど雪面からの強烈な反発を食らうことになる。
 ポールでのスピードを追求するなら、カービングにこだわらず、
 戦略的にズラシを入れて方向転換し、ターンを抜け出すことを
 考えた方がいい。
 エッジで雪面をがっちり捉えてしまうと、外の股関節の動きが止まり、
 内股関節もその影響で動けなくなる。

・最新のレーシンングテクニックより
 - 肩の水平回転
 - 腰の位置を安定させる
 - 腸腰筋を伸ばさない
 - ずれ落ちるエッジングをする
 - スパインアングル(背中の角度)の安定
 ※後半2つはスピードに応じた調整が必要、常に一定ではない。

以上まとまりがないが、これが今の自分には精一杯のまとめだ。

「ずれ落ちるエッジング」は衝撃的だが、最近のレーシングテクニック
として、この前の春の試乗会でKEIのスタッフから聞いたことと合致した。
自分の滑りの価値観を見直す必要がありそうだ。

2009年11月23日月曜日

2009年11月22日 ASAMA2000

今シーズン4日目。
SAFのコアメンバーと我が子を連れて、会員登録かねてアサマへ。
4時起き、4時半出発で8時過ぎに到着。
この時点でオープンしているスキー場は少なく、Crazyな人々はアサマに殺到。
リフトは15分待ちで、滑る以前に立ち疲れ。
滑りは今シーズン4日目のくせにあまりにも情けない。
グサグサの雪では誤魔化せていたが、アサマの締まったバーンでは、
エッジングのいい加減さが如実に滑りに現れる。
さらに久々の中急斜面では、前後左右のバランスの悪さが現れ、
特に午後の荒れたバーンでは何もできない。
股関節や外脚が全然動かせないまま1日が終了。
こんな調子の悪さを誤魔化すために積極的にコブのレーンへ。
この時期としては足元は意外と動いたが、やはり股関節や上半身が
付いていかない。
video
まぁ11月のアサマてこんなもんかな。
p.s.1
ちなみにアサマに行く途中の上信越道で走行距離が16万kmを越えた。
カメラ探していたら1km過ぎてしまった。
さあ、あと4万km走ってめざせ20万kmだ!!
p.s.2
11/22時点でオーがプンしていたのは
丸沼、軽井沢、湯の丸、Yeti、狭山くらい。
翌11/23にはがぐらのメインバーンが30cmでオープン。
ようやくCrazyな人々の行き場も分散し始めてきたが、
天気予報しばらく寒気は降りてきそうにないそうだ…。

2009年11月8日日曜日

2009年11月7日 Yeti

狭山の短いコースでは物足りず、
去年怪我をした嫌な場所であることを承知で、
今回もYetiにやってきた。

家を11時半ごろに出発しYetiには14時頃に到着。
あらかじめ7-11で食糧を購入し、デイバックに詰め込み入場。
去年何かの時に名前登録をしていた関係で5名まで半額割引券付きの
DMが来ていたため、それを使ってお安く1日券を購入。

14時半から滑走始め、16-17時のコース整備中に休憩&夕食、
ナイターは22時きっかりまで滑走。
日中は御覧の通り快晴で富士山もくっきり。
これまではナイターばかりだったので、青空のYetiの風景は新鮮。
コース幅はまだ10m+αであり、スノー製造機がフル稼働。


ここは1kmの長距離を滑れるため、一本の滑りの中でテーマを
じっくり繰り返し繰り返し確認しながら滑ることができた。
今回のテーマは、
・切り替え時に上体が上に抜けることなく前方前斜めに移動すること
・内股関節をたたみこむことで外脚の動きを導いてやること、
・内膝による方向付けによりターンを導いてやること
video
日中の混み具合は思ったほどではなく、ナイターの方が混んでいた。
意外と日中から滑っていた方がいいかも知れない。
またバーンの状況は狭山より断然いい。
雪も細かいし、何より凸凹が少なく、安心して滑れる。
コースの狭さとボーダーの多ささえ我慢できれば…。

2009年11月3日火曜日

2009年11月1日 もいちど狭山

昨日に引き続き狭山。
連休の隙間だが会社を休んで朝一のフラットな狭山に挑む…
…つもりだったが、9時少し前に家を出たら狭山着は10時半。
滑走開始は11時、既にバーンは凸凹。

平日だがリフトは3分待ちくらいで、学生のスキーヤーとボーダーが目立つ。
昼頃には5分待ち、午後は待ち時間は変わらないがゲレンデに隙間なし。
ただし15時を過ぎた頃からすき始め、18時以降は待ち時間は1分程。

お昼は家から持ってきたおにぎりと豚汁(保温容器入り)。
豚汁は少し温くなっていたが、寒い時にはサイコー。

17時には学校帰りの遥と合流。
さっそく撮影開始。

最初は大人し目だが、滑っている本人は結構内傾角を出していたつもり。
video

こっちはさらにアグレッシブなつもり。
video

こっちはターンしながら外脚を進行方向により滑らせる様にした滑り。
内面感覚としては板が走りターン孤が滑らかになった気がしたが、
外から見た感じでは変化はあまり見られない。
video

二日目の今日は、切り替え時の上半身を動かす方向と、
骨盤を動かし続けることを重点的に練習した。
まだまだ新しい板の特性がつかめず、使いこなせていない。
もう少し時間がかかりそうだ。

昨日からの連チャンということもあるが、シーズン初めに
11~20時と長時間滑ってしまったせいで、膝がまた腫れてしまっていた。
やりすぎに注意!!

2009年11月2日月曜日

2009年11月1日 初滑り@狭山

09-10シーズンの幕開け。
今日狭山で初滑りしてきた。

15時に家を出て、渋滞にはまり17時過ぎに狭山着。
元々はYetiのナイターを予定していたが、寒冷前線通過に伴い
風が強く雨も降ってきたため、行き先を狭山に変更。

夕方なのでゲレンデは既に凸凹だったが春スキーに比べれば…。
リフト待ちは5分程度で特に混んではいなかった。

最初は特に前後のバランス感覚が戻らず苦労したが、
初滑りとしてはこんなもんだろうレベルで滑ることができた。
何と言っても嬉しいのが、去年怪我で苦しんだ右膝が
今のところ痛みも感じず力も入るということ。
でも無理せずしばらくは様子を見る必要があるだろう。
video
video
20時くらいには葉子さんと遭遇。
2日目とのことだが良く体が動いていた。流石。

8:50のリフト最終まで滑って満足。
初滑りなので3時間ナイターでちょうど良い感じ。