2010年12月20日月曜日

2010年12月18-19日 指導員研修会@菅平

4日くらい前の大雨で雪がとけて、太郎の頂上でコースがつながらず。
滑れたコースは日の出、ファミリー、白銀林間コース。

初日は曇りのち霧、気温は低く寒い。
2日目は快晴で午後はほんわか。

切り替えで次の内脚を脱力系で畳み込み回旋を始める点は
数年前からのことだが、今回は終始トップの押さえ込みを
しないようにターンしたらどうなるかを確認。

ついついトップエッジを雪面に食い込ませターン始動をさせがちだが、
そんなにしなくても板が勝手に食い込んでくれること、
それをさらにスキーヤーが食い込ませようとすることで
ブレーキ要素が大きくなってしまうから、というのが理由。

これまでの先入観や固定観念にとらわれず、
ストックを付く位置、切り替えでの上体の移動方向と量を
変化させながら、自分にとっての良いポジションを探す
必要がありそうだ。

2010年12月12日日曜日

2010年12月12日 初滑り@ブランシュたかやま

猛暑の名残で雪不足ということでもあり、
この歳になって膝の回復がめっきり遅くなったということでもあり、
例年から1.5カ月遅れで、ようやくの初滑りとなった。

関越方面のスキー場はきっと混雑しているだろうと読み、
この時期に行くスキー場としては珍しいブランシュたかやまへ。
スノーマシンの雪+多少の天然雪でコースは真っ白。


















滑走できるのは1600mのコース1本のみ。
所々石ころが顔を出していて、ソールがえぐれてしまった。


福田氏から譲り受けたsl-xのせいなのか、
スノーマシンの雪のせいなのか、
自分の膝のせいなのか、
まったく板がずれない、ずらせない。

8月末に富士山で痛めた膝は、痛いというより、
筋肉が落ちてしまい力が入らず不安定。
今の膝での限界を探る一日だった。









帰り道でトラブル発生。
いつものように自分で交換したタイヤが不安で、ボルトが締まって
いるか確認したら、案の定フロント右のボルトが4つとも回る!!!

諏訪南ICの駐車場でボルトの増し締めをしたら、一本だけ
いつまで回しても固く閉まらない。
「まさかボルトが捻じ切れる筈ないよな~」って体重掛けて
回したら、グニャ…ポロッ…汗汗汗。















このあと80km/hで恐る恐る自走すること200km。
翌日ディーラでネジ穴に取り残されたボルトを抜き取ってもらい、
リアからフロントに1本移植し、リアを3本体制に変更。
ボルトは205GTIのSpeedlineホイール用で、取り寄せまで最速3日。
それまでは恐る恐るの日々が続くのであった。
スキー以上に疲れ切ってしまった。