2011年10月30日日曜日

大山(広沢寺温泉~唐沢峠ルート)

今回は大山の東側、広沢寺温泉から唐沢峠を経由するルート。

しばらくは舗装された林道を登る。ここは山神隧道。

渓流もあり。

林道が終わり、荒れた山道を一気に登る。

視界が開け、めざす大山山頂が見えた。

車の残骸あり。ウィンチとして使っていたようだ。

3時間かけて大山山頂到着。

ようやく富士山とご対面。まだ雪はなし。

下りは見晴らし台を経由し、日向薬師へ。

登りは人が少なく静かに登れたが、山頂には人で一杯だった。下りも見晴らし台まで団体が多く渋滞していたが、ほとんどがケーブルカー行きのコースに折れていったため、後半は静か(孤独)だった。

復調し切っていない右膝は登りでは調子良かったが(でも息は上がった)、その右膝をかばったためか元気なはずの左腿が痛み出し、下りは超スローペースに。それでも休憩含めて7時間でバス乗り場に到着。毎回下りは苦痛だ。

2011年10月10日月曜日

塔ノ岳(大倉~烏尾山ルート)

再び大倉から塔ノ岳へ。ただし今回は別ルート。
大倉→戸沢林道→烏尾山→行者ヶ岳→新大日→塔ノ岳→大丸→小丸尾根→二俣→大倉。

大倉駐車場から水無川を渡る。

戸沢林道途中に竜神の泉で水補給。でも「滅菌処理していないので飲用の場合は煮沸せよ」とのこと。看板見る前にがぶ飲みしてしまった...。

途中5頭の鹿と遭遇。写真を取ろうとそっと一歩踏み出したら、大きな声で鳴き声を上げながら逃げられてしまった。
新茅山荘そばから烏尾尾根に入る。いきなり岩肌の急勾配、その後も荒れた急斜面が続く。ずっと植林の中を進み、見晴らしは利かない。

大倉から3時間かけて烏尾山頂に到着。眼下に水無川を望む。

烏尾山頂から行者ヶ岳、新日大を望む。急勾配も見えるが、尾根伝いの快適なウオーキングが期待できる。

急斜面や鎖場(渋滞…)を通過し、塔ノ岳山頂に到着。霧で何も見えない。今回もきれいな富士山は拝めなかった。
2週間前より登山者が増えたようだ。紅葉シーズンはこれからなので、さらに混みそうだ。

金冷シ付近では再び鹿と遭遇。

大丸と小丸の中間地点から小丸尾根を二俣方面に下山。大倉尾根とは異なり、狭くジグザグのトレイルをひらすら降る。道標などの目印は少ないが迷うことはない。

今回の行程は以下の通り。
大倉       08:20出発
烏尾       11:20
塔ノ岳     13:20
下山開始 14:00
二俣       16:00
大倉       17:20着

駅の下り階段で満足に歩けないほど疲労困憊。
くっきりと富士山も拝みたい…。

2011年10月2日日曜日

大山(蓑毛~ヤビツルート)

今回のコースは、蓑毛~ヤビツ峠~大山~ヤビツ峠~岳の台~菩提峠~菩提。

秦野駅からバスで20分ほどで蓑毛バス停着。まずはここからヤビツ峠に登る。およそ3km。

はじめは川沿いの舗装が続き、そのあとは狭い杉林の小道を登る。山頂がガスっていたのが気になっていたが、途中から小雨になった。

予定より時間より遅れ、1:30かけてヤビツに到着。ここから今度は大山を目指す。およそ2km。

基本的には丸太階段が整備されたハイキングコースだが、途中と最後は急な岩場が短距離だが登場する。

山頂はやっぱり霧だった。休んでいるとどんどん体温を奪われる。カッパを着て、カップラーメンをすする。美味い!!

来た道をヤビツ峠に戻り、今度は岳の台に登り、菩提峠を経て菩提バス停に下山する。

岳の台を登り始めたのが1時過ぎだったためか誰とも出会わず。菩提峠はハンググライダーの出発点で有名らしい。

舗装された林道(崖崩れで車両通行止め)をひたすら下り、葛葉の泉で水をペットボトルに詰め、さらに30分で菩提バス停。

全行程16km、標高差約1000m
(蓑毛340m~ヤビツ峠780m~大山1252m~岳の台870m~菩提200m)