2012年1月23日月曜日

GALA湯沢(2012.01.22)

今年は新潟方面の雪の量が多いので、南エリアのパウダー三昧を期待していたのだが、前日からの気温上昇のお陰でGALAは圧雪状態。

雲が雨上がりの朝靄みたいで、いい感じ。

南エリアのコブ斜面。ピッチが細かく形もリズムもいびつ。とは言えこんなどん詰まりな滑りじゃ情けない。

ジジコースでの大回り、午前の部。切り替えで上体が起きてしまう癖がどうしても出てしまう。

ジジコースでの大回り、午後の部。切り替えでターン内側こぶしを雪面に押しつけることで上体が起きずにターン内側に傾くかどうかを試した滑り。午前よりは良くなったが、もっと派手に腰も内側に倒れていっても良いかも。本人はかなり身体を潰して滑っている気でいたが、見た感じは普通だ。おまけに後傾。

帰りは三國街道を通って奥平温泉の遊神館へ。温泉はpH8.5のアルカリ単純泉で肌がすべすべして気持ちいい。夕飯もそこですませた。私は手打ちのざるそば、子供たちはざるうどんとイナズマ重(写真)。これはナマズのフリッターで味はすこし川魚臭いがボリュームはある。

2012年1月20日金曜日

SAF基礎&ポール合宿(20120114-15)

一般市民の方々が参加する公募行事。

去年までと日程を変えたからなのか、予想以上にたくさんの方々が参加してくれた。下は4歳から上は60代まで、まったくの初めてからポール指向までと幅広く、スタッフも増強しながら大変ながらも充実した行事になった。

私は4~9歳までの7人の子供班担当。一人は2度目、他はみんな初スキー。女性スタッフ2名と分担して子供たちのお世話をした。最終的には5人が自力で滑り、リフト乗車もできるようになった。
というか放っておいたら出来ていたというのが本当のところ。子供の適応力の高さにはビックリ。

一般参加のみなさんは最終日の昼でスキー終了し、バスで帰路へ。

車で来ていたスタッフは居残り。私はポール班に合流し、人生で初めてSLのポールセットをさせてもらった。難しい。振り幅、落差、コース取り、どれも滑るのとセットするのでは大違い。ゴールから見上げてみたらポールが見事に右方向に傾いていた。滑ってみたらスピードが出るタフなセット。良い経験をさせてもらった。

2012年1月11日水曜日

グレーシャーカップ@よませ

前日、菅平でナイターして22時頃現地ホテル入り。温泉にも浸かり十分身体を休めてのグレーシャーカップ当日を迎えた。バーンは新しい雪で柔らかく、写真のような綺麗な状態で滑ることは自分にはあり得ない。

初日の滑り。
今シーズン初めてのポール(練習含む)のため、様子見しながらの滑り。右足外足のターンで腰が回ってしまう癖をどうにかしたい。このあとの急斜面でゲートに入り損ない失速。

2日目は天気が良く、コースの掘れ具合が良~く見え、右膝をかばい、攻め切れない(言い訳)。雪煙りの立ち方を見てもターンの質が良くないことが分かる。

恒例の大抽選会でGetした賞品。使い道のないスキーケースよりはマシだが、ちょっと寂しい。

2012年1月4日水曜日

夏油 (2012.1.3)

夏油の朝一。雪が細かく重めのパウダー、20~30cmの新雪。

お約束の一本。

そろそろ新雪も残り少なくなってきた。

ぼこぼこのベースに新雪が乗っていることを忘れ、足を取られ破綻。

下山し水沢市内を走っていると、突然エンジンが振動し始めた。ハンドルもぶるぶる震える。遂にエンジンが逝ってしまったかと思ったが、落ち着いてエンジンルームを点検すると、エンジンルーム内に入り込んだ雪のせいでラジエーターファンが振動を起こしていることが分かった。こんなこともあるのかとホッとし、その後は何事もなく550km走破し帰宅した。

安比 (2011.12.31)

大晦日の安比。積雪45cmだがこの通りほぼ全面滑走可。気温は-10℃、天気は晴れ時々雪。

久々に持ち出したKEI-SKI TL 175は、しっとりとしなり、後半良く走る。スウィングウエイトが軽ければ小回りも行けるはず。