2012年4月28日土曜日

たんばらに進路変更(2012.4.22)

かぐらをめざしていたが、強風で全面運休であることが赤城付近で判明。
急遽、春のコブ祭り会場をたんばらに変更。

たんばらは曇りのち霧雨。
はじめのうちは太陽が薄っすら見えそうにもなったが、11時くらいから霧雨に。

残雪が多く2月はじめに来た時より斜度が緩く感じた。
コブ斜面はあるものの距離が短く、斜度もきつくなく、消化不良。
霧のため撮影会も出来ず。

昼に駐車場付近の林で無理矢理カップ麺大会を決行し、14:00頃には下山。
温泉ゆにーいく経由、渋滞20kmで20:30帰宅。

2012年4月17日火曜日

なんとなくサンメドウズ (2012.4.15)

今年も何となくクローズ間近のサンメドウズ。

積雪は50cm、全コース滑走可能。
日中の気温は下部で14度、山頂10度。
雪は朝から緩んでいて、昼には少しモサモサ。
でも去年のようなアイスバーンは出てこず。
コブ斜面も適度な掘れ具合と雪の硬さで滑りやすい。












リフト券提示で1600円のバイキングが1000円になっていたので今年もバイキング。
料理には満足しただけどやっぱりお腹に堪えた。
実はコンロと一緒に持参していたカップ麺でも良かったかなと少し後悔。












14時で撤収。
しかし既に中央道の渋滞は始まっていて、2時間渋滞の中でStop&Goの繰り返し。
行きは3時間足らずだったのに、帰りは4時間半。疲れた。

2012年4月8日日曜日

BISA Spring Camp (2012.04.07-08)

今年のBISA Spring Campは尾瀬戸倉での開催。
初日は一時的に晴れ間も見えたが翌朝まで雪雪雪。
2日目は快晴。
バーンコンディションは最高。
でも今日で戸倉の営業は終了。勿体ない。 
さて某全日本の団体を辞めた平川さんの講習は、切り替えでの動作と、切り替え後のエッジングを中心に行われた。

切り替えでは、重心移動により雪面にフラットな状態にすること、骨盤の向きを谷側に回旋させることにより、トップがフォールラインに向くきっかけを作ってあげるように動く。
切り替え後は、テールはターン外側に、トップはターン内側にピボット的に動くようにする。このような動きを生み出すために身体が行う動きは、身体が回ってしまわない程度にお尻でテールを押し出し、脛でトップを内側に向けていく。
某全日本の団体が今年盛んに言っている「切り替え後の谷脚(内脚)荷重」については「あり得ない」と何度も強調。

今回のキーワードは、
・垃力(らりょく、引く力)
・動き続ける
・大腿の両端である膝と股関節を用いてこの原理でトップとテールをコントロールする
毎年のことながらBISAのあとのフリースキーイングでは何となく調子がいい。
身体のバランスが矯正されたのか、それとも長時間の講話から解放されたからなのか…。
 

帰りに寄った吹き割れの滝のそばにある尾瀬市場の食堂。
そばは十割そばということだが香もなく、量も少なく、おまけに高い…ダメだ。
唐揚げ定食900円は大きい唐揚げが5個。こっちは量が多過ぎ、嬉しい悲鳴。
ちょうどいいメニューはないのか?