2013年12月15日日曜日

かぐら (2013年12月14日)

朝4時に家をでて、金田氏と小林夫妻をPickUpし、いざかぐらへ。
みつまたには8時過ぎに到着したのだが、すでに駐車場は7割以上の入り。ロープウエイ乗り場でも20分待ち。
 それでも9時過ぎにはみつまたGへ。

15時くらいから山頂付近がガスって来たので、みつまたエリアで滑ろうと下山開始したのでが、みつまたへの登りリフトが大混雑。
ようやくみつまたGに到着。ここは混雑なし。リフト運転時間は16:45まで。久しぶりにナイター気分。
しかし、今度はロープウエイに長蛇の列。駐車場に戻ることが出来たのは17:30過ぎ。
帰りは沼田のゆにい~く。相当体が冷え切っていたのが、温泉が染みた~。夕食はモツ炒め定食で満腹。帰りの高速は渋滞全くなし。21時に温泉をでて24時ちょうどに帰宅。

2013年12月5日木曜日

BISAファーストキャンプ (2013年11月30日~12月1日@丸沼)

BISAファーストキャンプに参加してきた。
丸沼はイエロー、バイオレット、コバルトの3コースのみ滑走可能。周囲のスキー場も滑走エリアが狭く、さらに都内からのツアーバスも5,6台来ていたこともあり、ゲレンデは混んでいた。2日目のリフト待ちは7~8分。

コバルトコースでの練習風景。
バイオレットコースでの練習風景。
大周りで滑るには人が多過ぎる。

今回のテーマは

  1. 板に対して垂直に荷重出来るポジション
  2. 上下の伸び縮みの最小化
  3. つま先を持ち上げるようにしてターン

1点目は、ターン入り口の徐々に斜度がきつくなっていく局面で、上体を前傾させるイメージ(頭を下げるイメージ)を持つこと。
意識しないと上体が遅れ、結果的に後傾かつ伸びあがった姿勢になる。つまり板に対して垂直に荷重できないポジションになってしまう。常に板に対して垂直(前後方向)のポジションを維持するには、前傾させるイメージが必要。
「前傾させるイメージ」とはいってもつま先荷重にするわけではない。あくまでも斜度が変化していく中で、足元に対して上体が遅れないようにするための意識である。荷重ポイントは踝の下が基本。
近年はターン内側に重心移動させる動きが注目されていたため、この前後方向の動きが疎かになっているケースがある。これを補正するために、前後のポジションを意識せよという意味である。
(このポジションを無意識に維持できる人は、あえて意識する必要はない)

2点目は、従来から使われている「中間ポジション」という言葉が、「上下動する際の中間位置であrる」との誤解を生んでいるとの指摘。結果的に上下動が発生してしまうのは状況により仕方ないこと。しかし意識的に上下動を行う必要はないという指摘。(この2点目はキャンプの中でちゃんと理解できなかった)

3点目は、具体的には脛の筋肉を緊張させてブーツの中でつま先を持ち上げながらピボット操作によりスキートップを回旋させるイメージ。重心(腰)をテール側に押し出すイメージで作用させ、つま先側でトップ側を操作する。

初日の夕陽。ご覧の通り快晴。
初日レッスン終了後のビール。美味し!!
鍋の中は小麦粉の丸い団子が入った群馬風すいとん。胃に入り切らない量だが、何とか完食。
夜も1時間ほど真面目に勉強会。
もちろん勉強会のあとは宴会。参加者のみなさんからの珍しい日本酒の差し入れ。
2日目のレッスンも終了し、3時過ぎまでフリー滑走。






ゲレンデでは佐藤麻子を発見。リフト並んでいたら隣にいた。親子2人に対してプライベートレッスンのようだった。ポチャッとしていてカワイイんだけどね…。
それからサブちゃんもいた。シーズン初めだというのに顔は真っ黒だった。
この時期はすごい人たちが数少ないスキー場に集まるからいいね。

帰りは吹き割れの滝付近の蕎麦屋「池ノ上食堂」でキノコそば(700円)。この店に入れたのは2度目。そして2回ともキノコそば。頼んだメニュー以外に、店の主人が作っているりんご、ラフランス、漬物も出してくれた。食後は主人と奥さんと30分程談話。なかなか帰れない(^^;;

2013年11月24日日曜日

八方尾根 (2013年11月24日)

4:00に自宅を出発し、尚さんと摂さんを拾って8:30に八方の第3駐車場着。予定ではもう一人和さんも一緒のはずだったが、生憎の風邪で欠席。次回までに体調回復よろしくね。

下の写真は諏訪湖SAからの写真。

駐車場からシャトルバスでゴンドラ山麓駅に移動。
滑走可能エリアはパノラマ、兎平、黒菱。
積雪は70cm前後。
意外と空いててリフト待ちなし。
Salomon X-KERTはエッジが引っ掛かり、ずらしが出来ず終始苦労した。逆に意識して切って滑ると気持ちよくエッジが噛み安定してターンできる。お気楽板のつもりで買ったのだが、全然柔ではないようだ。

以下乗れていない動画。
まずは黒菱での整地。この程度のピステンの凹凸が怖く恐る恐る。
黒菱のリフト挟んだ反対側斜面。
黒菱下部のパウダー崩れの斜面。
兎平の上部のパウダー崩れ。
兎平下部の不整地。
午後は黒菱下部の不整地にできたコブレーン。


昼食はパノラマの下の食堂で牛肉わさび丼。ほんのりわさびが効いていて、肉の臭みもなくGood !!
帰りは八方温泉に入り、その後、スキー場近くの膳というそば屋で夕食。もりそば大盛(800円+200円)とそば生地のビザ(800円)を注文。そばは香も甘みも量も十分、大満足。
 
帰り道は特にひどい渋滞もなく順調。自宅には23:00着。

2013年11月17日日曜日

冬支度

熊ノ湯が16日(土)にオープンしたらしい。来週にはかぐらや丸沼もオープン予定。ということは冬支度を急がねば。

まずは屋根へのボックス取り付け完了。今年はすこし助手席側にずらして取り付けた。これで積み下ろしがしやすくなるし、運転席側の天井視界が少し広がる。

続いては、タイヤ交換と、12,000km無交換のまま放置していたエンジンオイルの交換。タイヤ交換は20年以上セルフを続けて来たのだが、前回盗難防止用ナットをナメテしまい、今回はディーラで有料で交換してもらうことにした。オイル交換もフロアパンの取り外しが面倒なので、同様にディーラー任せ。

ディーラーで作業終了を待っていると、「クーラント漏れてます。」とのお告げが…。漏れてシミになっているという程度ではなく、結露しているそうだ。このままでは近日中に空になるだろう。この夏は暑かったからラジエーターにも負担が掛かったのかも。もう夕方遅かったので即日作業は無理とのことで、1泊2日の入院決定。赤の308Premiumを借りて帰宅。

今日で冬仕度を完了させる予定だったが、1日延期&追加費用発生。でもいいタイミングで早期発見してもらえて良かった~。

~~~

借りた308はフェイスリフトを受ける前の前期型なのだが、ディーラーからの帰り道を半渋滞の中タラタラ走っていたのに、オンボードコンピュータの燃費計は10km/L前後を示した。発進からの加速もターボラグがなく、まるで自然吸気のようだった。私の308はあの道ではせいぜい8~9km/L。ターボラグもある。車重のせいなのかなぁ?誤差なのかな?

2013年11月10日日曜日

今シーズンの相棒2

長年普段履きとして使ってきたKEIの張りが無くなってしまい、溝コブをトレースするならOKだが、少し硬いバーンでは思い通りのターンを描けなくなってきた。というわけで、カンダハーで薦められるまま、型落ちした'12-'13モデルのSalomon X-KERTを購入。定価115,500円(ビンディング込み)のところを60,000円ポッキリ。

今後ほとんど乗る機会はないだろうKEIも入れて並べてみると、左から180、175、171、165cm。色んな板を見慣れてしまったせいでマヒしているが、我が家の板の中では一番ぶっとい。
テールの長さはKEI、Salomon、Elanの3台ともほぼ同じ。テールの角がラウンドしているので、その点の乗り味は変わってくるだろう。
X-KERTはトップがロッカー形状。そう、人生初のロッカースキー。ちなみにSalomonはこれをカーブロッカーと呼ぶそうだが私には意味がよく分からない。
スリーサイズは、122-72-107、R13.6。スラ板に近いサイドカーブ。テールもそこそこ幅広なのでゴンドラ乗る時はスキー立てに入るかどうか要注意。
ビンディングは専用で、他への流用は出来そうもない。しかし簡単操作でブーツ長を変えることが出来るので、子供たちに履かせてみることも出来そうだ。
試乗した人の評価によると、オートマチックにくるくる回り、ある意味で反則板らしい。このモデルの中で一番長い171cmをチョイスしたので、少しは落ち着いてミドル~ロングターンもできるのではないかと淡~い期待。またプレートは付いていないので、エッジを効かせて滑るのではなく、あまり力まずにスキー本来の楽しさを味わうことが出来るのではないかと思うが、さてどうなんだろう?あとこの太さを活かしてパウダーでは浮力が感じられるかどうか…?

どのタイミングでこの板を持ち出すか、今から楽しみ。かぐらで大雪&パウダーにならないかな…。

イエティで初滑り (2013年11月9日)

初滑りは今年もYeti。
13:30自宅出発、ガソリン詰めて、R246を御殿場方面にドライブ。コンビニで夕飯を買い込んで、Yeti駐車場に16:00到着。ナイター券(メルマガ割引で1300円也)を買い、17:00スタートのゲレンデ入口に並んだ。 車載温度計は9℃、南風の影響で冷え込みは弱いようだ。

今回持ち込んだ板は、平石君から中古で買った2シーズン前のelan slx。去年まで履いていた7シーズン前のslxとは全然違い、後半の抜けと滑りが格段にいい。そのため最初の数本は完全に後傾となり乗り慣れるまで苦労した。前のslxのようにターン中のカリカリ音もない。これは板表面の波々のお陰で板の振動が抑えられているからだろう。全体としてしなやかさを感じる。

Yetiはオープンしてから2週間なので、コース幅がまだ十分ではなく、また一定ではない。コース自体が蛇行しているので、滑っていくとその先に雪がないなんてこともある。ボーダーと接触も気にしながら滑るので、ポジショニングの練習に集中できない時もあった。しかしリフトの回転も順調で回数はかなり稼ぐことが出来た。たぶん25本くらいは滑ったはず。

21時頃からは雨が降り始めた。その分引き上げるお客さんも多くゲレンデは空いたのだが、ガスで視界が悪くなり、かっ飛ばすことはできなかった。

さて次はどこのスキー場で滑ることが出来るかな。その前にタイヤ交換やキャリア設置しないと…。

2013年11月3日日曜日

大菩薩嶺 (2013年11月3日)

山梨県甲州市にある大菩薩嶺に行ってきた。

朝6時出発、相模湖IC~大月ICだけ高速を使い、国道20号~県道218号(大菩薩初鹿野線)を使い、上日川峠へ到着したのは8時半過ぎ。駐車場は第3駐車場。ここからも富士山がくっきり見えた。
今回は上日川峠~石丸峠~大菩薩峠~大菩薩例~上日川峠の順で大きな三角形のルートを選択。
出発地点の上日川峠にあるロッヂ長兵衛。(9:30)
石丸峠に向かうルートの前半はなだらかな落ち葉道。このルートを歩く人もまばら。
途中で舗装道路を横切り、ここから急な登り道に変わる。(10:10)
一気に高度を上げ、熊笹の生い茂る場所に出た。笠をかぶった富士山がくっきり。(11:00)
まもなく石丸峠に到着(11:20)。少し菩薩峠側に登ったところで昼食&少しだけ昼寝。
 昼食後は菩薩峠に移動開始。しばらく急な下り坂が続き、周囲一面にはコケ。
大菩薩峠に到着。(12:30)
大菩薩峠から大菩薩嶺に向かう稜線はあまりアップダウンがなく、周りの景色の鑑賞に没頭。左側を見ればいつでも富士山を拝むことが出来る。
 賽の河原。
振り返ればいつでも富士山。
神部岩からの富士山。
本日の最高地点、大菩薩嶺2057mに到着。周りが木々に囲まれ眺望は効かない。(13:50) 
雷岩に戻り、そこから下山開始。カラマツの紅葉がきれいだ。(14:15)
福ちゃん荘付近のカエデ。
福ちゃん荘できのこ味噌汁300円。美味かったが、きのこはシイタケ、エノキ、シメジ、マイタケといった普通に買えるものだけだった。山のきのこを期待していたのに、これで300円とは…。 (14:50)
駐車場付近の遊歩道脇で見つけた黄色いキノコ。カベンタケというらしく、食べられるそうだ。でも美味くも不味くもないとのこと。
登山終了後は、県道218号を半分くらい下ったところにある温泉へ。泉質はアルカリ性で肌がぬるぬるして気持ちいい。脱衣場や洗い場が狭めだが500円ならギリギリ許容範囲。 (16:10)
温泉付近の紅葉も見事。

3連休の中日なので当然ながら高速道路は渋滞。国道20号を大月ICの手前まで走り、手前から都留市に抜ける山道を走り、禾生から県道35号を使って帰宅。温泉からの所用時間3時間程。