2013年7月15日月曜日

2013年7月13日~14日 PISLAB@ウィングヒルズ白鳥

世界遺産登録された富士山の影響なのか、中央道は混んでいた。岐阜はウィングヒルズに到着したのは13:30。

ピスラボ(PISLAB)初体験。ゲレンデは1kmあり滑り応え十分。斜度もちょうど良い。しかしあいにくの雨。

着替えようとしたら横殴りの土砂降り。小雨なら平気だが、土砂降りでは滑る気も萎える。おまけにカッパのズボンを忘れた。滑っているうちに脛を伝って雨がブーツに流れ込む。おかげでブーツの中に池ができていた。

夜はBBQ。ちょっと量が足りない…。

食事の後は温泉。泉質は「ナトリウム・カルシウム炭酸水素塩」と長ったらしい。肌がぬるぬるして、角質が取れるのだそうだ。

今夜の宿はレストルーム2階に張られたテント。外は雨なので屋内テントで大正解。備品は寝袋とランタンのみ。TVもなし。21時過ぎに就寝。次回は枕と蚊取り線香を持参すべし。

さて2日目。朝は土砂降りだったが9時には一旦上がった。
レンタル板は”上質板”。ソールにはステンレスプレートが貼られている。全面ステンレスにしていないので雪上でもそこそこ滑ることができるらしい。エッジはバリバリ。でも2本滑ると垂れてしまいグリップが効かなくなる。

スタート付近からの眺め。時々青空がのぞくと蒸し暑くなる。コース途中にスプリンクラーがあるが、そこからの水が顔を直撃するので滑っているときにビックリすることしばしば。

携帯カメラで撮った滑り。既にエッジが丸くなっていたとはいえ、ズレズレの情けない滑りだ。もっと上下動使えよ!!板撓んでないよ!!

初日1時間半、2日目3時間すべり、満天の湯に浸かって、昼ごはん。1500円の飛騨牛ステーキ丼にも興味があったが、地元名物という「鶏(けい)ちゃん丼」800円をオーダー。味噌漬けの鶏肉をキャベツと炒め丼にした料理。予想通りの味に不満ではないが喜びも得られず。

15時頃に下山を開始し帰路へ。高速道路から見えるスキー場はウィングヒルズの隣のスキー場。

 岐阜は山ばっかりという印象。
安房トンネルを越え、松本から中央道。中央道は30km渋滞。家に着いたのは23時。もう少し天気が良ければと思うが、初の岐阜県スキー場を楽しむことが出来た。