2013年9月29日日曜日

猪谷六合雄

赤城山のビジターセンターで「赤城山のウィンタースポーツ」を発見。現東京都スキー連盟会長の猪谷千春の親父さん 猪谷六合雄(くにお)の偉業が掲載されていた。

猪谷六合雄が赤城山の宿に生まれたこと、ここ赤城山でジャンプを始めたこと、当時日本最長距離48mを飛んだこと、放浪の旅に出て国後島で千春が生まれたこと、などスキーの歴史を勉強できた。

写真左上の黒い影が猪谷六合雄らしい。

これは滑降用の板。猪谷との関係は不明。

黒檜山(赤城山)登山 ~ 2013年9月28日

群馬県は赤城山にやってきた。
今回登るのはここ赤城山の最高峰 黒檜山(くろびさん)。出発点は1350m、黒檜山山頂は1828m、駒ケ岳1685mを経由する標高差約500mの周回コース。初心者向けのコースで、登山というよりハイキング。

出発地点の大同のおのこ駐車場。自宅を4:30出発し、入間IC、前橋ICを経由しこの駐車場に到着したのは8時過ぎ。この駐車場で準備し8:30に登山開始。気温は10℃ちょっと、日陰に入ると肌寒い。

大沼の湖畔(?)にある赤城神社に立ち寄る。

黒檜山の登山口。山頂までの水平距離はたった1.1kmだが、山頂まではほぼ直線的に一気に登る。

中間地点から大沼とその対岸の地蔵岳を見下ろす。

遠くには富士山も見える。(写真の中央に薄ぼんやり)

登山口から1:30ほどで山頂到着。途中平坦な道がなくずっと急坂だったため、休みながら歩くことができなかったが、この程度の距離と時間なら許容範囲。山頂は太陽のお陰でぽかぽか。高い木はなく開けてはいるが、微妙な高さの木が遠方の山々の眺望を隠してしまっている。登山客で混んできたので、ここではおにぎりを一個だけ食べ、次の駒ケ岳に移動。

山頂からほどなく歩くと、御黒檜大神の鳥居がある。

駒ケ岳には急坂を下るが、木の階段が整備されていて楽ちん。

左手が駒ケ岳。

途中の大ダルミで黒檜山を振り返る。所々に生い茂る熊笹と周辺の木々とのコントラストが楽しい。

30分ほどで駒ケ岳山頂に到着。ここでカップラーメン。

食事がすんだら早速下山開始。山全体の紅葉にはまだ早いが、このドウダンツツジだけが赤く染まっていた。

途中、鉄製の階段を通過し、1時間足らずで出発地点に帰還。今日登ってきた山を振り返る。左奥は登り始めの尾根、中央の黒檜山、右側の駒ケ岳。

登山は終了したがまだ13:00過ぎなので、覚満淵を散策。ゆっくり1週するのに30分程度。小さな尾瀬のような感じ(どこかに書いてあった)。空はすっかり秋らしくなった。

下山後は、麓付近にある道の駅「ふじみ」に併設されている「富士見温泉見晴らしの湯」。赤城山のビジターセンターで入手した割引券で500円→400円。お湯はやや茶褐色で匂いも独特。この夏に行った鳥海山麓の道の駅の温泉と同じだ。
http://www.city.maebashi.gunma.jp/sisei/499/511/p003744.html

温泉のあとは少し車で移動し、「ささや」という蕎麦屋へ。写真のせいろは680円。他の客が誰も居なかったため心配だったが、食べてみて大正解。ネット上の評価は様々だが、噛んだときの蕎麦自体の香が強く、風味は田舎風、山形蕎麦を思い出す。美味いので半分くらいはつゆに付けずに食べた。個人的には関東近辺で食べた蕎麦の中では1位か2位。

お気に入りの蕎麦屋が見つかり、収穫ありの登山だった。

2013年9月21日土曜日

308SWのワイパーゴム交換

今後のための備忘録。

梅雨前に308のワイパーゴムを交換したのだが、形状が合わず(幅6mmの断面が台形のゴム)、無理矢理装着したということもあり、雨天時のふき取りがキレイにならなかった。
そこで別の形状のゴムを購入し、再交換。今度はピッタリ。

308に合うワイパーゴムは、スーパーグラファイト 凄ふき No.97/No.99 幅8.6mm、長さ750mm/650mm。断面は台形ではないもの。ケイヨーD2で598円×2。