2014年1月27日月曜日

グレーシャーカップ (2014年25日~26日)

今年三度目のよませ。22時に家を出て、ここケルンに到着したのは26時。
温泉入って、寝酒の発泡酒。朝食は6時からなので睡眠時間は3時間。
今年のゼッケンは173番。
インスペクション開始。
今シーズン初ポールがいきなりレース本番とは…。
滑りの成績は惨憺たるものだったが、抽選会では野沢菜漬け1.2km入りをGet。
こちらは2日目の成績。正式には98位でした。ポイントは初日が約200、二日目が約160、来年のポイントは180くらいになることが決定。今年は136くらいだったので大暴落。さらに荒れたバーンでレースしないといけなくなる。
帰りはいつもの助屋でラーメン。魚介中華680円を大盛(無料)にし、アンケートにより焼き餃子1枚サービス。お腹一杯でした。

府中市市民スキー大会 (2014年1月17日~19日)

よませに向かってバスの旅。おつまみが最小限でちょっと寂しい。
翌朝のSLのセット風景。天気も良くバーンのコンディションもGOOD。向こうに雲海が見える。
初日夜から雪が降り始め、写真では見えにくいが、明け方にはかなりの本降り。
ずっと雪だったので2日目は写真撮影なし。
表彰式では成績発表をさせられた。う~ん。
主審のところに自分の名前が記載されていたので記念撮影。
帰りのバスに乗る時も雪降り。
小布施ハイウエイオアシスで栗ソフト、280円也。

2014年1月13日月曜日

市民スキースクール (2014年1月10日夜~12日 @ よませ温泉スキー場)

今年で3度目の市民スキースクール@よませ。
今回も上級班を担当させてもらい、よませの山頂からパチリ。
今シーズン出来た山頂から高井富士方面への新コース、ツリーランコース。
出だしはある程度の幅があるが、中間からは林の中。こんなコースがあるのは嬉しい限りだが、よく認可されてものだ。
ツリーランコース中間部からの生徒さん達の滑り。さすが上級者の皆さん、こういうところに来ると活き活きしています。
今回の講習ではポールにも入ってもらいました。動画はブラシポールですが、この下にちゃんとしたSLセットがあります。ポール初の人もいたので良い経験になったと思います。
以下は自己満の世界。柔らかいよませの雪にはSalomon X-KERTがちょうどいいです。

さて来週は市民大会役員@よませです。

2014年1月5日日曜日

安比 (2014年1月2日)

2014年の初滑りは安比。
青森の実家から来る妹ファミリーと弟ファミリーで現地待ち合わせ。
我々は宮古市から。安比までの距離は150kmほど。昨晩からの雪で道中すべて真っ白。
運転は我が娘。「習うより慣れろ」です。
区界峠を越えると青空が見えてきたが・・・
・・・安比は吹雪でリフト3本のみという哀しい状況だった。

14時頃に一旦風がおさまりゴンドラを稼働させてくれたが、山頂に行けたのはその時の1本のみ。あとは一番下のフード付きクワッドで寒さと風を凌ぎながらの初滑りだった。
自然相手のスポーツなので仕方ない…。

奥中山高原スキー場 (2013年12月29日)

2013年の滑り納め。
青森県内は積雪が少なく、近所のスキー場はどこもクローズ。2時間かけて岩手県は一戸の町営スキー場 奥中山高原に姪っ子連れてやってきた。

意外と駐車場が満車だったのにはビックリ。町営とは言え栄えているのだろうか?

出発が11時くらいだったので、スキー場到着が13時過ぎ、スキー開始は14時。時間がなく頂上には行けなかったが、向かって右側にある「こなゆきコース」には行くことが出来た。そのあとは真ん中のコース2本をナイターまで滑走。

18時前くらいにピステンが入ってくれたのでラッキー。

ナイター営業時間の食堂メニューは麺類とカレーと牛丼。あっさりめの鶏塩ラーメン大盛をチョイス。スープも美味いが、見た目普通の鶏ムネ肉が絶品。

滑った後は場内にある温泉で温まり帰宅。

安比ナイター (2013年12月27日)


帰省途中に安比で途中下車。約4時間のナイターだが、雪がもっさもっさ降り続けるので、リフトで登るたびにプチパウダー。最高だったぁ~。

指導員研修会 (2013年12月21日~22日@菅平)

今シーズンも菅平で雪上研修会が始まりました。
数日前からの雪で、ほぼ全面滑走可。雪質はサラサラ。
今回の講師は原田さん。
講習内容はさておき、初日の昼食は白銀のマッキンリーの坦々麺。
初日の講習終了後のSAFメンバー撮影会。今年からメンバーに加わった橋本さんの後を付けて…速い(^^;;

初日夜も雪は降り続き、明け方にはご覧の通り。
この雪のおかげで、2日目は実践と称して深雪の斜面を狙っての講習でした。
講習後も左太郎でパウダー。

4時過ぎまで滑り、5時過ぎにハヤシヤを出発。荒船の湯で身体を温め(もの凄く冷え切っていた)、下仁田に降りていく途中の中華料理屋で夕飯。100円プラスでランチメニューが食べられる有難い値段設定。今回は油淋鶏ランチをいただき、満腹でした。