2014年5月25日日曜日

コブ祭りファイナル(2014年5月24日@かぐら)

かぐら最終日の前日、われわれのコブ祭りファイナル。
4時半昭島集合、前回同様入間~渋川伊香保~三國峠経由で7:15みつまた駐車場到着。まだバス通勤ではなく、リフトでゴンドラまで移動。みつまたのコースはだいぶ細くなった。
メインゲレンデは上部は幅が3/4程度、しかし中間部以降は全面滑走可能。
テクニカルコースは下部はほとんど滑れない状況。

メイン上部。まだコブが浅い時。
メイン下部の細かく長いコブ。
テクニカル上部の基礎コブ。
メイン中間部。
メイン下部の浅いバンクコブ。

ここで昼食タイム。デッキでカップ麺。気温は20度を軽く超えている様子。羽化したハエなどの虫がわんさか。まさに五月蝿い。

午後の部開始。まずはジャイアント上部。
メイン中間部。腰高ポジションを意識。後半ピョンピョン跳ねているがこれはこれで気持ちいい。
メイン下部。まさか後ろから付いて来るとは知らず、仲間4人で結果的にトレーン。
メイン上部。ついに2箇所ほど地面露出。
メイン中間部。

ジャイアント下部。着陸失敗。でも最高。
メイン上部。ん?何これ?つまらん滑りだ。
メイン中間部。これもつまらん。体力の限界だったか?
ラストの一本・・・失敗(;_;

16時、リフトも止まり、ついに関東甲信越でのシーズンが終わった。

帰りの遊神館ではささみカツカレー(880円)にチャレンジ。普通に美味かったし量的にもちょうどいいが、サプライズは無し。

コブ祭りその2(2014年5月18日@かぐら)

朝4時昭島集合、入間~渋川伊香保~三國峠経由で7時前にみつまた駐車場着。駐車場の入りは前回同様1/3程度。この時期なのにバス通勤不要。新緑の中、リフトに乗ってがぐらエリアへ。

今回は新入会員かつ若手ホープの蜂谷さんと一緒。何度か後ろについて滑らせてもらったり、アドバイスももらい収穫ある1日だった。
でも滑りは終日腐った状態。お尻が落ちて、どんどん後傾になり、タイミングが遅れ始めて、体力も消耗という負のサイクル。
テクニカルの上部で。
テクニカル中間部。徐々にお尻が下がっていく。窮屈そう。
テクニカル下部。遅っ。
メインとテクニカルの間の滑走禁止ゾーン。
ジャイアント下部。なんかなぁ~。
メイン上部。大井さんの後ろ。唯一まともそうな滑り。
ジャイアント下部の細かいピッチ。蜂谷さんの後ろを滑るが同じようにトレースできない。
テクニカル上部。制御不能。
ジャイアント中間部。コブの形が左右不均等ではあるが、滑りも不均等すぎる。気合は感じられる。
1:15からリラックマとアライグマ登場。かわいい&上手すぎ。わたしはおっかなびっくり。

2014年5月11日日曜日

ささやかなコブ祭り(2014年5月10日@かぐら)

小林さんと2人だけのコブ祭り。
3時起きのはずが、4時過ぎに小林さんからの電話で起こされた。やばい。
高速はノンストップ、いつもより+30ほどで急いだら、7:20分にみつまた駐車場到着。セーフ。

現地で、大井さんと合流。
早めの昼食時に、神谷さん星さんに遭遇。
また小林専門員と間宮さんにも遭遇。午後にワンポイントレッスンをしてもらった。
またすーさんとえりこさんにも遭遇。
佐藤達也さんにも遭遇。
スキー馬鹿のみんさんが大集合していた。

先週より緑は増え、雪は若干薄くなった。
それでもみつまたの右側のコースは全面滑走可能。
午前中は風は強く、第1ロマンスのみ。クワッドが稼動しないため、ゲレンデには人がまばら、リフト待ちは20分。仕方ないので早めの昼食で、リフト運行を待つ。
昼くらいからクワッドも運行開始。テクニカルもコブが深すぎず、形も良く。滑りやすい。


楽しかった1日はあっという間。また来週来たいな。

小林専門員からのワンポイントレッスン内容。

  • 動作は足元から。足元を動かしエッジを切り替え、その後踏むことで重みのあるターンができる。「踏む」については、折りたたまれている”次の外足”を伸ばしていく動作であることだと解釈した。これは、今シーズンはじめから取り組んでいる”次の外足”の脛で前斜め方向に押しながら切り替えをする方法と考え方が一致する。
  • コブの中での谷足と股関節によるタメをしっかり取ること。
  • コブの中でストックを高めに持ち、雪面に突くというより、前に振り出し軽く雪面に当てるくらいの方が、バランスが取りやすい。思いっきりついてしまうと、雪の中に深く差し込んでしまい抜けなくなったり、突いた腕が後方に取られたりする。

2014年5月6日火曜日

雨ニモマケズ2(2014年5月5日@かぐら)

GWの渋滞とリフト待ち混雑を避け、あえて天気下り坂の5/5にかぐらに行った。スキー自体が1ヶ月ぶり、筋力も多少落ちているため、コブで滑るのか心配。

朝3時出発、みつまた駐車場には7時着。駐車場の入りは1/5くらい。プリンスのただ券を入手し、運行開始直後のロープウエイで登山開始。みつまたゲレンデはまだまだ全面滑走可能。積雪は2mくらいありそうだ。
かぐらエリアも雪はタンマリありそう。
9時から運行開始した5ロマンで山頂へ。雪面は汚れているが積雪は十分。
田代湖も碧色。
今日は清水さんがKEI-SKIの試乗板を持ってきていたので、何台か借りて試乗。(清水さんは5/3~5/5の3日間、野沢からかぐらまで通いとのこと。ご苦労様でした。)

簡単にインプレッション。

・ARX15(168cm)
履いた瞬間は、どっしり、がっちり、分厚い、重い、という印象。滑ってみて重さは安定感に、分厚さはターン始動期からの捕らえの確かさに変わった。春の腐った雪でも谷周りから雪面の捉えがスムーズで確実。余計な重心の前後移動は不要で、曲がりすぎることなく、期待通りの円弧を描きながらターンしていく。コブの中でも硬すぎず、スウィングウエイトも軽く、容易にターンができる。

・EZO 74(170cm)
今期モデルからキャップ構造に変更し、軽くなった。74というモデルはトップがややロッカーになっている他は普通の形状。プレートは無し。腐った雪での整地大回りはARXに比べれば安定感はないが、楽~に滑ることができる。特筆はコブの中。トップのしなやかさのお陰で先落としした時の感触が良い。

・EZO 100(184cm)
モデル名の数字はセンター幅を表している。形状はフルロッカー&ツチノコ。腐った雪ではぎりぎりカービングターンできたが、不安定。この板の基本はいつでもどこでもゆっくり&ずらしなのだろう。この長さでコブに入れるのか不安だったが、ずらしながら優しくコブを滑ることができた。

10時過ぎから霧雨が振り出したが、本降りになることはなく、15時くらいには晴れ間も覗いた。ゲレンデの混みも4連休前半に比べれば大したことなく、リフト待ちもほとんどなかった。

その代わり1ヶ月ぶりということもあり、午前中ですでに足が攣り、コブを思う存分楽しむ状況ではなかったことが心残り。


帰りは遊神館で休憩し、伊香保から高速に乗った。18時頃は渋滞40kmとニュースでは話していたが、高坂付近で5kmほどの軽い渋滞があっただけで順調に流れた。自宅には23:30着。さすがに全身筋肉痛。