2014年10月26日日曜日

初滑り@イエティ (2014年10月26日)

例年通りイエティで初滑り。
ただいつもと違うのはナイターではなく昼間ということ。
5時半に家を出て、道志みち~山中湖経由で8時着。
給水設備の故障でトイレが使用中止というハプニングもあったが10時には復旧。

コース幅は、まだ8mしかないが、朝一は混雑もなく自分のリズムで滑ることができた。

GoPRoで試し撮り。






帰りも同じルート。
道志みちの道の駅でキノコと野菜を仕入れて18時に自宅着。


指導員研修会@なかのゼロ (2014年10月12日)

今シーズンも始まります。
午前中はクリニック。
午後は久哉講師のジュニア育成の話。
このとき久哉氏がスクリーンに映したTed Ligetyの動画。
今シーズンはこの動画から何かを盗みたい・・・。

2014年10月5日日曜日

鍋割山~塔ノ岳 (2014年9月28日)

御嶽山が数年ぶりに噴火した翌日。
小田急渋沢駅に7時半着。そこからバスで15分、大倉バス停着。
今日は3年ぶりに二俣~鍋割山~塔ノ岳のコースを選択。
最初は杉林。
その後緩やかな林道を数km歩く。
二俣でアケビが手の届くところに。
1個拝借。まだ渋みあり。
沢を渡り、徐々に急斜面に変化していく。
再び杉林だが、ここは手入れが行き届いており、適度に日光が入り込む。
杉林が終わり、さらに斜度がきつくなる。
尾根をひたすら登ると、
ようやく視界が開け、雲ひとつない富士山とご対面。
登り始めて3時間、鍋割山頂に到着。みなさん鍋焼きうどんを頂いていますが、気温が高めなので私は遠慮しました。
鍋割山でおにぎりを食べ、今度は塔ノ岳を目指す。
途中で富士山を振り返ってみると、頂上付近に2、3本の横縞が見える。雲なのか、御嶽山からの火山灰なのか?
復路はこの稜線を下ることになるはず。
途中の大丸峠に到着。あと0.9km。
帰りはこの分岐を右方向に下るが、今はまっすぐ塔ノ岳へ。
ようやく頂上が見えてきた。
14時山頂到着。写真撮影で何度も寄り道したせいで、ずいぶん時間がかかってしまった。出発地点が標高290m、塔ノ岳山頂は1491m、標高差1201m。
富士山と手前の山々との間のグラデーションが見事だ。
今日は南海上付近を通過中の台風の影響で風が強い。富士山頂付近も気流が乱れているのだろう。
富士山とは反対方向の三浦半島方面。
今日は水を1Lしか持ってこなかったため、復路の分が足りない。山頂から300m下ったところの水場で水分補給。
水量は少ないが命の水。適度に冷たく味もまろやかで、丹沢山塊で飲んだ湧き水の中では一番うまい。
写真撮影や爽やかな空気に和んでいるうちに、山頂で1時間以上経ってしまった。下山開始。
半分くらい下ったところでカモシカのつがいと遭遇。人間を見ても驚かない。
杉林を抜け、
大倉バス停まではあと2.3km。片道7km強の日帰り登山は結構つらいものがある。
バス停到着は17時半で薄暗くなっていた。休憩除くと7時間くらい歩いたわけで、久々の達成感。