2015年3月29日日曜日

苗場 (2015年3月29日)

神立に行くつもりが、気持ちよさそうなバーンに誘われ苗場の駐車場へ・・・。
リフト運行開始8:00にあわせてゲレンデへ。
朝一からすでにバーン表面は融け出し柔らかい。
  
  
昼前にはゴンドラで山頂方面へ。しかし山頂付近は雪崩のため立ち入り禁止になっていた。奥の斜面の左半分が雪崩れたようだ。
奥に見えるのは谷川連峰の最高峰、平標山。
昼は駐車場に戻りカップ麺。
14:00過ぎに雨がパラつき始めたので、最後の一本のあと下山開始。

すでに高速道路は渋滞が始まっており、伊香保ICに乗ったときには鶴ヶ島まで2時間以上の表示。本庄児玉で高速を下り、下道を使って21:30帰宅。途中で山田うどんで腹ごなし。今日は粉ものしか食べていない気が・・・。

2015年3月26日木曜日

尾瀬岩鞍 (2015年3月22日、アルペン試乗会)

岩鞍で行われたアルペンの試乗会に参加。
出展メーカーは10社くらいだと思うが、ほとんどの板が出払っていてさびしい風景。
最初は嫌がっていた娘も、新しい板に多少興味が出てきた様子。
Hartのスラ板は固いだけで面白みがなかった。悪くはないが・・・。
XMAXは軽くて扱いやすいが、個人的にはしっとり感が欲しい。
そのXMAXでの小回り。
 
昼はカツ丼。見た目は雑だが肉は厚く柔らかく、味付けがちょうどいい。漬物も取り放題。900円也。
試乗会は終了し、自分の板で男子国体のコブで遊ぶ。リーゼンや西山のコブも大きさ、固さともに適度だった。
 
 

今回はお気に入りの板なし。
理由1:トップグレードの板が出払っていて借りられなかったから。
理由2:グサグサの雪のため板の違いが分からなかった。(どれも操作性良しでハズレなし)
理由3:結果的にウエイトが軽い板を借りたため、しっとりした感じの板には出会えなかった。
理由4:自分の板に戻ってみるとそんなに悪くないと感じたから。

2015年3月15日日曜日

野辺山カップ (2015年3月14-15日 @ よませ)

去年はわけあって参加辞退した野辺山カップ。今年はSL、GS両方出場。
自宅を20:30出発、ケルン到着は25:15。温泉入って一杯引っ掛けて、床に入ったのは27:00。
6:00起床、6:30朝食。3時間の睡眠はちょっと足りなかった。
フリーで足慣らしして8:20からインスペクション。気温はプラス3度くらい、微妙に雪面が解け始め、横滑りしにくいバーンになってしまった。インスペだけで体力消耗。
2本目を滑り終えゴールから見上げると、深い溝が。
結果は・・・溝をなぞって滑ったのが良かったのか、男子の中で130番スタートながら63位。でもポールを滑った気がしない。
2日目のGSコース。
昨日の暑さで雪が解け、朝はちょうどいいアイスバーン。
200番スタート(男子の中では140番スタート)だったがバーンは思ったほど荒れることなく、1月のグレーシャーカップに比べれば天国。しかしセットが中学生用セット。細かいセットなので徐々にタイミングが遅れ付いていけなかった(言い訳)。ランキングも30くらいダウン。
12:00であがり、13:00過ぎに下山。いつものラーメン屋で白豚骨+無料餃子、あわせて680円(税抜き)。今回は無料替え玉はダイエットのため控えた。
下道で道の駅小布施に行き、いつものりんごを購入。高速は関越を選択。上信越ですでに車の量が多く、関越と合流すると同時に渋滞発生、鶴ヶ島まで断続渋滞、自宅には19:00着。

2015年3月8日日曜日

おんたけ2240 (2015年3月8日)

昨年噴火した御嶽山を見てみたくておんたけ2240へ。
4時に出発し、塩尻経由で8時15分にスキー場駐車場着。
さっそくゴンドラで山頂駅2240mへ。
暖かい・・・山頂駅の温度計は朝9時なのに+5度。

山頂駅から御嶽山を拝みたかったが雲に遮られることができず。
山頂のコースガイドの下には花束が添えられていた。
御嶽山と反対側は晴れて、雲海に向かって滑るのが気持ちいい。
右手奥の雲がなければ御嶽山が見えていたはず。

レストランが混んでいたのでケバブで腹ごなし。
ここは「国設」なのね。

おんたけエキスパートCのコブ。
 

セントラルCでの何でもない滑り。
 バックショット。
セントラルCから麓まで。


さて4時に撤収し、麓の王滝村に下りてから再び山道を登り、
大滝の湯へ到着。
鉄分により赤茶けた湯は炭酸水素塩という泉質で、飲むと舌がシュワシュワピリピリ。味は甘くないポカリ。
スキー場では見えなかった御嶽山の山頂が顔を出してくれた。
再び王滝村に戻り、大滝食堂へ。頼んだのは猪豚丼。

2015年3月3日火曜日

SAF 3月志賀合宿 (2015年2月28日~3月1日)

初日快晴、2日目強風のち雪。天候の変化がめまぐるしく、今年は特に気温変動も大きい。おかげで志賀のバーンは固く、高天原のコブは膝によろしくない状況だった。

2/27(金)20時過ぎに自宅を出発し、発哺に到着したのは25時過ぎ。5~10cmの新雪。気温は-10℃。
翌朝は快晴。でも数日前の気温上昇により、新設の下は固いバーン。
午前中で1級受験(2名)の事前講習と検定本番を済ませ、ホテル渓谷でランチ。卵とじカツ丼は売り切れだったため辛めソースにひたったかつ重(1200円)。これより2日間ほどダイエット中断である。
午後はゴンドラで東舘、寺子屋に移動。
 まだ何かポジションが定まらず、動きものろいし重い。(翌日午後から元気になるのだが・・・)
さて夕食はすき焼きに加え、から揚げなどのオードブルが一皿追加。さらに生ビールも。幹事さんありがとう。ダイエットからまた遠ざかる・・・。
そして翌日は強風かつ小雪が舞う天候のため屋外での写真撮影なし。
いきなり獅子での昼食は五目あんかけそば。
高級そうなそばに、合宿メンバーの方からライスを乗せて頂き、中華飯に変身。 
風がさらに強まり、あちこちのリフトが運転取りやめになる中、14時まで滑り、温泉につかり、15時半に下山・・・というか発哺の宿から牽引され登坂。去年は天気に恵まれ自力走行だったが、今回は雪が積もり自力断念。
まさか後ろから盗撮されていたとは知らなかった貴重な映像。
志賀の麓はどしゃ降りの雨。しかし坂城のあたりから雪に変わり、佐久から碓氷までは猛吹雪。運転に疲れたので、藤岡で夕食。今回はマグロ丼ではなくにぎり(980円)。正直この店のネタの質は落ちた。マグロが水っぽい。まぐろ貴重だからかな?