2015年11月29日日曜日

今シーズン初の天然雪 (2015年11月29日@八方尾根)

八方が急遽昨日からパノラマゲレンデをオープン。スタッドレスの皮むきも兼ねて早速出発。

今シーズン初の天然雪。ピステンが入っていないのだろう、雪面は凸凹。かつ湿雪のためずらしにくく膝に応えた。



15時には下山し、岩岳との間にある倉下の湯へ。ここのお湯は茶褐色に濁り、湯温もちょうど良く気持ち良かった。


2015年11月28日土曜日

センターウェーブ

今年はelan slxとOGASAKA TRIUN GSのストラクチャをセンターウェーブにしてもらいました。Salomon X-Kartは従来のクロス。
残念ながら私の鈍感な神経ではクロスとの違いを感じ取れませんが…。


スタッドレスタイヤ新調 (2015年11月28日)

暖冬&雪不足のため丸沼がオープンできず、BISAファーストキャンプも延期。
ちょうど暇ができたのでスタッドレスの新調とスキーキャリアの装着をした。

3年前の購入したBS GZは2009年製で購入時にすでにゴムが硬くなっていた。今回のVRXは20015年製なので出来立てホヤホヤ。値段は工賃込み込みで12.5万円也。GZは10.5万円だったので2万円アップ。



3年サイクルなので1シーズンあたり4万円。くぅーっ!!
Amazonだと送料込み10万円で、提携している宇佐美に持ち込んで組み換えした方が安上がりだと思うが、今年製造のタイヤが届く保証もないし、たまたま今現在Amazonではこのサイズが品切れだったし、多少高くても命には替えられないし…と納得。

さて試しに長距離行ってくる?

2015年11月23日月曜日

イエティでナイター (2015年11月22日)

自宅を13:00出発、R246経由下道で15:30着。御殿場からの登り道で霧雨に変わったのでYetiは雲の中かと思っていたが、水ヶ塚公園を左折すると霧が取れた。標高1425mだが気温は6℃とこの時期としては暖かい方だ。

ナイターは17:00開始なので車内で1時間仮眠しゲレンデへ。ピステンでグルーミングされたゲレンデに皆さん猛ダッシュ。





19時頃までゲレンデはいつもより混雑していたが、その後徐々に空きはじめ、20時以降は1㎞のコースをノンストップで中回りできるくらいになった。初めは右ターンで外足に乗り込めず矯正に時間がかかった。徐々に右ターン時の右脚(内足)を畳み込んでターンを誘導できるようになってきた。

2015年11月15日日曜日

今シーズン初の雪上 (2015年11月15日@狭山)

10月の石割山トレッキングで痛めた左膝の痛みがようやく消えたので初雪上。いつもならYetiへ行くのだが、この週末は天気が悪く狭山に変更。

9時に家を出て10時半に西武球場着。駐車場代が1,200円に値上がりしていた。リフト券購入待ちの列が建物の外まで。購入できたのは11時半。4時間券(3,100円)を購入。

リフトに乗っている時がポカポカで心地いい。午後からは未就園児~小学低学年のジュニアレッスンなどが始まり、リフトもゲレンデも混雑。リフト待ちは10分、リフト乗車4分、滑走1分、15分サイクル。
10本ほど滑って終了。膝の痛みは特になくひと安心。
プライベートレッスンだろうか?中の平川先生に会うことができた。

免振装置 (2015年11月14日 @YMM)

事業所の3Fと4Fの間に設置されている免振装置を見学。

「安心してください。ちゃんとBS製ですよ。」 

2015年11月1日日曜日

平沢岳 (2015年10月31日 指導員研修会@なかのゼロ)

日時:2015年10月31日 18:30~
場所:なかのゼロ 大ホール
講師:平沢岳

●上下動
上下動→たわみ→ターン弧小→最短距離→速さ。
上下動は板と重心を結ぶ線上の移動。
鉛直方向ではない。
板に垂直に力を加えられる方向。

中腰の姿勢は基本姿勢ではない。ほとんど伸びた状態が基本姿勢。
切り替えではこの伸びた基本姿勢。
ターンマキシマムでは逆に縮む。
WCレーサーはマキシマムで脚が伸びているように見えるが、実は縮んでいる。
高速の領域では外力が強いため、伸び縮みの動きの幅が小さくなり、見た目は伸びているように見るだけ。

●腕
何かあったときの補助に使う。
前に出すとバランスを取るために身体は後傾になる。
だから「常に前」ではいけない。
状況に応じて、身体の動きを補助(補足)してあげれば良い。右にローテーションし過ぎたら、右腕を前に出せば良い。
右に傾きすぎたら、左腕を下に下げれば良い。
いつでも補助できるように、腕はフリーにしておく。

●ライン取り
ポール横を通過する時のレーサーから見える風景を想像する。
ポールの上でターン:今のポールと次のポールが真正面に見える。
ポールの横でターン:次のポールまではもっとターンしなければならないと感じる。
この視覚的な違いによる影響を想像す。

 ●メンタル
外的要因(天候、雪面状況、…)を人間は意味付けする。
どのように意味付けするかで、その後の行動やパフォーマンスが変わってくる。
雨→濡れたくない(と意味付ける)→気分は低下する。
雨→農家にとって恵み(と意味付ける)→気分は低下しない。

減点法と加点法
10点取れなかったことを反省するのか?
5点を6点にするにはどうしようと考えるのか?