2016年6月10日金曜日

Graduation ceremony of my daughter in Seattle

娘の卒業を祝うためにシアトルへ。

久々に成田発着。ココパーキングは4日間2,700円也。
そしてデルタに乗るのは初めて。搭乗してからなかなか動き出さないと思ったら、コンピューターの調子が悪くリセットしたらしい。大丈夫か???
20分遅れくらいで何とか離陸。まずはプレモルで乾杯。
食事はやっぱりアメリカンだ。東南アジアや中東方面の機内食はレベル高いが、こっち方面の飛行機は相変わらずってことか。
8時間ほどでSEA-TACに到着。
迎えに来てくれた娘の車はSUBARU IMPREZZA 2.2L。ウィングにはカーボン調シールをわざわざ自分で貼ったらしい。誰の入れ知恵なのか?
シアトルに向かうハイウエイ。
ルームミラーにぶら下がるお守りは日本製。
マフラーも自分で太くし、ホイールも自分で黒のスプレーペイント。
娘のアパート周辺の風景。部屋は左側の最上階5階。
部屋で少し休んでから再び車でお出かけ。ステアリングはエアバッグを殺し、momoに換装。オイオイ!!
盗難防止もパッチリ。
初日夜は韓国料理。冷麺、プルコギ、チジミ、スンドゥブ、どれも美味い、でも量が多すぎた。一部持ち帰り。
その後Whole Foods Marketに立ち寄り、明日の朝食用にバケットと果物を購入。そこで見つけたのがこのKombucha。昆布ではなく紅茶キノコらしい。ひと瓶350円ほどで、飲んだ印象はリンゴ酢ドリンク。
20年前に連れて行ってもらった滝にも立ち寄り。
シアトル市街の対岸にも立ち寄り。
2日目は午後から卒業式。午前中はPike Place Marketへ。
豚の貯金箱も健在。
魚も、
果物も、
花も。
名物おじいさんなのだろうか?このピアノ、いい音出していた。
お決まりのスタバ1号店。外まで長蛇の列。
ライブハウスの壁には無数のチューインガム。待っている客がくっ付けたのが始まりとか。
似顔絵を書いてもらっている子供が可愛いかったのでパシャリ。
さてこれが卒業式会場のチケット。
その前にインドカレー屋さんで腹ごなし。でも食欲無くナンもお替わりなし。
UWの図書館。この日は閉まっていて中には入れなかった。
広大な敷地とレンガ作りの建物が印象的。
卒業式は大学そばのHusky Stadium。
卒業式後には友達が沢山駆けつけて祝ってくれた。
卒業した仲間3人で。
写真の撮り方が今風。
この4本の柱はUWがシアトル市内にあった時の柱らしい。






結局夜8時くらいまでUW構内を見学し、アパートに戻った時には疲れてしまい、外食は止めにした。代わりに香港で売られている出前一丁(宇和島屋で購入)で軽く済ませた。
これは美味い。(帰国前に宇和島屋で購入)
最終日も娘の車で。
チャイニーズタウンでブランチ。
そして無事帰国…となるはずだったが、
まず預ける荷物が重量超過。荷物の再整理で20分ほどの時間ロス。
セキュリティチェックまでが長蛇の列で1時間以上。
搭乗口は建物の一番奥、全力で走ったが、すでにゲートはクローズ。
何度頼んでもNGの返事。明日の便を予約しなさいと言われ、また建物の反対側へ移動。
予約カウンターに着いた途端「Go Back‼」と言われ、また来た通路を走って戻る。
戻ってみるとこんな感じ。飛行機の機材の調子が悪く、乗客は全員降ろされたようだ。
結局この日に飛行機は飛ばず、明日まで延期。ホテルを確保し、荷物を受け取ろうとしたら、これがなかなか出てこない。私同様荷物が出てこない客が多数いたため、全部の荷物を一旦降ろすことに。
何だかんだで飛行場に9時間滞在。ようやく外に出て、ベトナム料理店へ。
せっかくなので海沿いをドライブし、

Walmartも見学。
既に夜の10時。店内はご覧のとおり広い。
マシュマロでかし。
こんな色付きのお菓子は絶対食べたくない。
ホテルにチェックインしたのは12時過ぎ。朝4時にはチェックアウトしなければならず、シャワーを浴びてちょっとだけ仮眠。今度こそは遅れるわけにいかず、2時間半前に空港へ。さすがに早朝なので混むこともなく、1時間以上ゆとりをもって搭乗。
成田でロストがないか心配だったが、それは全く無用であった。
2泊4日のはずが、3泊5日の旅であった。