2017年8月13日日曜日

丹沢山 ~今シーズンの初登山~

今シーズンの初登山は安近短の丹沢山。巷ではお盆の3連休でどこもかしこも混んでいるので、安近短の丹沢山。

7:30いつもの塩水橋に到着。ヤビツ峠への道路も混んでいた。でも丹沢山への登山客の車は10台足らず。
山の上は雲の中。日差しがないので涼しいが、湿度は100%。
宮ヶ瀬ダムの貯水率はかなり少なかったが、丹沢山の湧き水はいつもの通り。
9:00 堂平雨量観測所到着。ペース遅め。
登山道を歩くこと20分ほどで右股関節が痛くなり足が上がらなくなった。膝は元気だがかなりつらい。引き返そうか…。
11:15 誤魔化し誤魔化しで山頂到着。普段より45分時間がかかってしまった。
食欲はなかったが塩分取るためにカップ麺。
13:00 長めの休憩を取って下山開始。戻りは尾根ルートを選択。巨大なサルノコシカケ発見。
14:15 下山中に雨が本降りになり、ヤマビル2匹に噛まれ、出会いに到着。
さらに雨が強くなり早歩き。
14:45駐車スペースに到着。

2017年8月6日日曜日

富士スピードウェイ

25年ぶりだろうか、クルマのレースを観に来たのは。













番外編
アクロバット飛行のアトラクション
今回の吉田うどんはやや灰色の手打ち麺。
門々利(かがり)うどんは名店らしい。
FSWの帰りは山中湖の小作でかぼちゃほうとう。

2017年7月17日月曜日

初のジビエ料理

3連休の初日は出勤、2日目はバターチキンカレー作り、3日目の海の日は身延山の隣の早川までドライブ。
何やらお洒落なレストランを発見。 ジビエ料理が食べられるらしい。
猪や熊を吊るしている写真。
猪のはく製もあり。
メニューは鹿、猪、熊。

箸置きは鹿の角。(前菜は早川ニンジンのピクルス)
鹿焼肉定食は塩コショウのみの味付けで、鹿肉の旨味が味わえる。スープはやや臭みあり。実は手前の白米は武川米というコメで、これが滅茶苦茶旨い。
カレーは猪肉をチョイス。脂身の少ない部位なのか、クセもなく旨い。
帰りま富士山の北側を通り、途中の7-11でルマンドアイスを発見。そう言えば新潟、長野、山梨限定だったので、ここにあって当たり前。7月からは九州地方でも売られているらしい。販売はブルボンだが製造は福岡の会社らしい。
モナカアイスジャンボの2倍の価格なので期待していたのだが、ルマンド本体のサクサク感がなく、ややシットリ。車中で食べてもこぼれないのは良いのだが、ルマンドらしくない。最近の暑さで少し溶けてしまったのか?

2017年6月17日土曜日

月山(今度こそ晴れてくれの巻)

前回の月山は霧雨で途中退散で不完全燃焼。
今度こそ晴れることを期待して2時起きして娘と日帰り決行。
8時半に姥沢駐車場着。青空の中に月山の斜面。快晴ではないがテンション上がる。駐車場はほぼ満車だったが、隙間もちらほら、近場に停められた。
リフト小屋までの道路は完全除雪済みでドライ。雪の壁は2mほど。
駐車場は一杯だったのに、リフト待ちはそれほどでもない。登山客の車なのかな?
数日前にリフトの架け替えが行われたので、板は脱いで乗車。
ウルトラマン発見。前回は霧雨で探す気力すらなかった。
姥ヶ岳の山頂がくっきり。
リフト下のお花畑も眺めながら。
山頂駅到着。ロープはまだ下の方にある。担ぎ上げもそんなに苦ではなさそう。
記念写真。
リフト降り場からは担ぎ上げすることなく直接トラバースに行けた。
2週間ぶりのスキー。さて身体は動くのか?
雪面からの水蒸気。幻想的。
午後は日券に付いているロープ回数券を使うためにハイクアップ。
しかしちょうどガスがかかり視界不良。
動画ではなく、スマホの連写もなかなか良い。

リフトの最終乗車は16:15まで。 本日はリフト10本、ロープ2本。
怪我もなく本日の滑走終了。
背景の青空を期待していたが、ちょっと残念。
本日の動画がハンディカメラとGoPro。

駐車場着に戻ってみると、いつもの青空の月山。
 5時半下山。名残惜しく途中で止まって振り返った。
今日はひふみ。
いつもなら温泉はゆうチェリーなのだが、今回は蔵王温泉の共同浴場。200円を料金箱に入れて、熱~いお湯を堪能。
石鹸が使えないのでお湯に浸かるだけだが、ph1.8の硫黄臭プンプンのお湯は他では味わえない。おまけにこの時期は空いているし。
 家に着いたのは3時を回っていた。郡山過ぎてから眠くて運転できず、那須から娘に任せた。一人日帰りはもう不可能だろう。